宅配便ドライバーの裏側

広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝起きて、あるいは前日の夜中くらいから体調が悪いときがある。

風邪だったり色々あるだろう

さて、次の日の仕事はどうなるか?


夜11時くらいまでなら管理者がいるので電話連絡する。
いなければ、あるいは電話に出てくれなければ、朝、電話連絡する。


そして、スケジュールを管理者が調整して自分が抜ける地区の部分を埋めるわけだ。

たいてい、誰かが残業をすることで調整する場合が多い。


こういう風に前日、あるいは当日に突発的に休む人は何人か限られている。
多い人は年間5回以上こういう風に突発的に休む。

僕の場合は2年に一回あるかないかくらいの割合である。


それで一番大事なのが休んだら誰かに迷惑がかかってる場合がほとんどなので、
残業をした人とかに一言、「ご迷惑をおかけしました」などいうのが普通だけど、
数人いるよく突発的に休む人はそういうことを言わないのだ。


僕が入った頃から数年は休む場合は医者に行ったレシートか領収書をコピーして提出しなければならなかった。そういうルールが最近、緩くなり休むことに対して管理が甘くなったように思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。