宅配便ドライバーの裏側

広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デパート小包を繁忙期に持って行った。

休日だったので40代くらいのめがねをかけた男性が出てきた。


「○○デパートのやつね。あぁ、それ、キャンセルしたから送り返して」


「では、申し訳ございませんが受け取り拒否のサインをお願いします」



「あぁ、はいはい」


特に面倒くさそうな感じもなくスムーズにサインしてもらって、そのデパート小包を持ち帰り、
事務所に返送手続きをして貰う。

次の日、僕は休日だった。

会社の事務所のおばちゃんから電話がくる。

「はい。もしもし」


「昨日、受け取り拒絶で持ち戻った荷物の件で電話させてもらったんですけど、、、」


「はい」


「あれって、受取人さんが受け取り拒絶したんですよね?」

「あぁ、はい。そうですけど?」

「出し人さんが受け取り拒絶するわけがないって言ってきて、受け取り人さんに電話するからもう一度、行ってくれってかかってきたんですよ」


「あぁ、そうですか」

「推測ですけど、自分が注文したデパートの商品でキャンセルしたものと勘違いしたんじゃないですかね」

「なるほど。受取人さんに出し人さんの名前とか告げましたか?」


「いや、それは告げてないです。というのもそれは管理者が朝礼で以前、
受取人から聞かれない限りはそういう情報もこちらから言ったらだめと言うことで言っていません」


「わかりました。お休み中すみませんでした」



やはり、結果的に自分で注文してキャンセルしたデパートの商品と間違えて、
知り合いから送ってきたお歳暮を受け取り拒否してしまったということでした。

無事、荷物は受取人さんに届きました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatlecurry.blog109.fc2.com/tb.php/2-c63a1f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。